16日、牡羊座で満月が起こります。
b0274050_18091329.jpg
この満月はかなりバキバキした、インパクトの強いターニングポイントを感じさせます。タイトではありませんが配置的には牡羊座・天秤座・山羊座のTスクエアで、それも、星がギュッと集まっていてとてもパワフルです。非常に大きな決定・決断をこの日の前後に下す人も少なくないでしょう。社会的にも何か、枝葉をきれいにそぎ落とすようにして大きな力によって「決着する」ことがあるかもしれません。
強力な意思決定を感じさせる配置なのですが、太陽が天秤座にあるという点が面白く思われます。大きな力によって大事な決断がなされるのに、その主語が妙にあいまいになる、ということがあるかもしれません。だれがやったのか、ということはあいまいだけれども、そのふり幅が大きい変化、というものが感じられるタイミングです。個人の世界においても、ひょっとすると、「自分がそうしたいからそのようにする」という感覚ではなく「誰が見たってそうせざるを得ないだろう」という感覚のもとに意思決定していくような感じが強いかもしれません。でも、ほんとうに動機が自分の感情の中にないのか?というと、じつは、そうでもないような気がします。主語はちゃんとあるけれど、それは丁寧に、巧妙に「隠ぺい」されているか、ロジックからある動機のもとに、切り離されているのではないかと思います。
b0274050_18121209.jpg
石井ゆかり占星術引用

[PR]
# by littlemoonlake | 2016-10-15 18:08 | 月のこと | Comments(0)

茶香炉でラベンダー

台風で引きこもり

風が落ち着いてきたら干せるように
ミントの葉を選別して乾燥準備しました。
ミントとレモングラスは
飲みやすくて癒される組み合わせ

今年、英彦山で積みとったラベンダーを
茶香炉で焚いてます。
結構活躍してる茶香炉
干支作りが終わったら
もうひとつ作ろうかな
b0274050_15002511.jpg

[PR]
# by littlemoonlake | 2016-10-05 14:49 | 陶芸 | Comments(0)

b0274050_19040056.jpg
1日、天秤座で新月が起こります。
すでに9/9に「天秤座木星」の時間がスタートしていますが、その頃はまだ水星が逆行していたこともあり、「スタートダッシュ!」という雰囲気はなかったかもしれません。
それがここへ来て、木星近くの新月、素晴らしい勢いに溢れる文句なしの「スタート」のタイミングが巡ってきた、というイメージが湧いてくるのです。
すでに過去1,2ヶ月の中で準備してきたことを、ここでぐんとアクセルを踏んでスタートラインを突破するような雰囲気があります。マラソンに喩えるなら、競技場から公道に出ていったようなイメージでしょうか。
天秤座も山羊座も、「社会」との結び付きの強い世界です。
自分の個人的な感情の世界に閉じこもることなく、たくさんの「他者」がいる場所にどーんと出て行って、人と関わり、結びついて、新しい世界を創り出そうとするのが天秤座・山羊座のしくみです。
b0274050_19093900.jpg
この時期、「内なる世界から、外界へ」というスタートを切る人も少なくないだろうと思います。これまで個々に内緒話をして進めてきたことを、公の場でテーブルに着き、真正面から議論し始めるような、「堂々たる」スタートの雰囲気が漂っています。

石井ゆかり占星術引用

[PR]
# by littlemoonlake | 2016-09-30 19:05 | 月のこと | Comments(0)

44度目の窯だし

先日の窯だしは
干支ばかりでした。
b0274050_19215651.jpg
今回は少なかったのです。

でも、来月は大変!
教室の文化祭用の作品を来月窯入れないと間に合わない。

作品出さないと
先生から叱られるのです(笑)

で、
先月の窯だしで作った
ランプはこんな感じで灯りました。
b0274050_19272157.jpg


[PR]
# by littlemoonlake | 2016-09-25 19:16 | 陶芸 | Comments(0)

b0274050_21170949.jpg
2015年から続いた「柔軟宮の時間」の最後の山場が、この魚座の月食です。
今回の月食は未明の反影月食で、肉眼ではほとんどわからない現象となりますが、星占い的にはとても大切なポイントとなります。
というのも、満月は「積み重ねてきたものがあるピークに達して、姿を変える」ようなタイミングだからです。
去年の後半から今に至る時間の中で少しずつでも一つの方向性を持って積み重ねてきたことが、ここで意外な花を咲かせ、面白い実をつける、ということが十分考えられるのです。
その変化は一見意外かもしれませんが、「積み重ね」の果てにあるものとして深く納得できるものでもあるはずです。
人は成長するものとわかっていながら、成長した姿を目の当たりにすると感動させられるように、このタイミングでも「わかっていたけれども実際に起こってみるとどうしても湧き起る、驚きを伴う感動」をえる人が少なくないかもしれません。
柔軟宮の時間のプロセスは、既存のシステムの解体のプロセスでした。
解体が一つのピークを迎えた今、すでにその裏側で、ゼロから1を生み出す建設のプロセスが静かに始まりつつあります。

石井ゆかり占星術引用

[PR]
# by littlemoonlake | 2016-09-16 21:15 | 月のこと | Comments(0)

お墓参り

お墓から見えるのどかな景色
b0274050_13430866.jpg

家族が増える報告に行ってきました。

並んでお参りをしている頭の上を
大きな蝶々が舞って
林に帰って行きました。

ご先祖様が歓迎してくれてるような
うれしい気持ちになりました。




[PR]
# by littlemoonlake | 2016-09-03 13:31 | その他 | Comments(0)

1日、乙女座で日食が起こります。
b0274050_23193216.jpg
今回は金環日食で、アフリカなどで見ることができますが、日本からは見られません。とはいえ地球上にいる限り、星占い的には大切なターニングポイントと言えるでしょう。水星と木星が在泊している乙女座でドラゴンヘッド・月・太陽が重なり、過去1年ほどプロセスの集大成とも言える大きな飛躍や脱皮が起こりそうなタイミングです。
去年の秋頃から取り組んできたテーマがあれば、それが「新しい段階」に向かって動き出すでしょう。この日食の少し前、水星が逆行を始めていることも、ここで「過去」に強いスポットライトが当たることを示しています。日食はいわば「特別な新月」であり、新しい時間の始まりなのですが、ここではまっさらなカンバスに最初の一筆をのせる、というようなイメージではなく、画竜点睛、その瞬間に動き出した竜に乗る、といったような、神秘的な雰囲気が感じられます。すなわち、ここまで描き続けて来た竜があってこそ、ここで「動き始める」ものがある、ということなのだろうと思います。
石井ゆかり占星術引用

[PR]
# by littlemoonlake | 2016-08-31 23:16 | 月のこと | Comments(0)

ドライバジル

頂いたキレイなバジルを
b0274050_18044495.jpg
お昼はピザで
いただきました。
b0274050_18060641.jpg
残りは
乾燥バジルに

葉の部分を優しく洗ったら
ザルで乾かし
表面の水気がなくなるくらいになったら
ペーパータオルに重ならないように広げて
600wで1分20秒
すり鉢などで細かくしたら
もう一度
600wで40秒位乾燥させて
冷めたら瓶に詰めます。

念のため乾燥剤入れた(笑)
b0274050_18155841.jpg
買えば安くてあるけれど
ちょっと手をかけて
手作りするのもいいもんだなぁ~と
思いました。


[PR]
# by littlemoonlake | 2016-08-27 18:02 | ハンドメイド | Comments(0)

43度目の窯だし

先日の窯だしは
中皿
b0274050_20495256.jpg
ランプシェード
ハワイっぽく(笑)
b0274050_20505402.jpg
あとは
来年の干支を試作
b0274050_20520533.jpg
釉薬と若干変えた二種類
なかなかよかったので
頑張って量産開始です。

[PR]
# by littlemoonlake | 2016-08-19 20:47 | 陶芸 | Comments(0)

明日2016.8.18日は満月です

b0274050_23533975.jpg
18日、水瓶座で満月が起こります。
この満月の位置は、「ヨード」と言われる形が形成されます。
太陽・月・天王星でいえば「調停」の形でもあり、
ほかの星々との連携がとてもダイナミックな満月です。
見た目にも、月の出のころに南の空の高いところを見上げると、土星・火星・アンタレスの3星がギュッと集まり、
物言いたげに貴方を見返しているのが見えるでしょう。
太陽、そして土星と火星、さらに天王星は自由を希求し、自ら望むところに従って生きようとする世界です。
一方、木星・水星・金星の集まる乙女座は、他者のニーズに応えようとする世界と言えます。私たちは、他者の都合から自由になればなるほど孤独や無為、空虚さを感じますが、他者に縛られれば縛られるほど自由になりたいという衝動を膨らませるところがあります。
どちらが正しいか、ではなく、常に「今ある状態ではない状態」を望むのが、生命というものの仕組みに組み込まれている、ということなのかもしれません。一見、隷属状態にある人の心が限りなく自由で自立していて、すべてを手にしているように見える人が身動き取れないまま鬱屈している、といった状態が生まれることもあります。私たちは常に、自分の意志ではどうにもならないような外からの条件に左右されながらも、完全にそれらの条件に縛られきってしまうことがない、ということを、この満月が教えてくれているような気もします。
石井ゆかり占星術引用

[PR]
# by littlemoonlake | 2016-08-17 23:52 | 月のこと | Comments(0)

趣味のこと 日々のこと これからのこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31