b0274050_22580645.jpeg

18日、蠍座で新月が起こります。


今回の新月は全体にエネルギーの過剰さ、隠されたままで膨らんできたものの放出や解放といったイメージを感じます。

社会的常識的な枠組みをある意味逸脱するような、はみでてあふれだしてしまうような過剰さのイメージがここにあります。

小さくまとめようとしたり、否定して抑え込もうとしたりしても、指の間からどんどん溢れ出てしまうようなものに関して、どんなアプローチに切り替えるべきか、多くの人が考えて答えを出すことになるのかもしれません。


満月新月に関しては一般に言えることなのですが、今回は特に、転機に「幅」がありそうです。


18日ジャストになにかが起こる、というよりは、16日から22日くらいまでのなかで新しいことが展開していくのではないかと思います。

石井ゆかり占星術引用


[PR]
by littlemoonlake | 2017-11-17 22:56 | 月のこと | Comments(0)

4日、牡牛座で満月が起こります。

b0274050_13332627.jpeg


今回の満月はとても福々しく、ボリューム感たっぷりです。

満月は「満ちる」タイミングですが、今回はとりわけ、おいしいものが美しく大盛に盛られているような、大きな銀のお皿に果物が美々しくゆたかに盛りつけられているような、そんなイメージがわいてきます。

どこか詩的・芸術的・音楽的な雰囲気もあります。「詩情」は、一般に、地に足のつかないふわふわしたものとか、非現実的なものとみなされ、場合によっては嘲笑されることさえありますが、本当は、私たちの心にとって、詩は欠かせないものです。

私たちの人生には様々なことが起こりますが、それが「起こった」だけでは、私たちに何の価値も意味ももたらしません。

そこに私たちが詩的な解釈を加えて初めて、人生が物語になり、私たちの心に価値を持つようになります。

牡牛座は「蓄積」とも関係の深い星座ですが、私たちが心に蓄積してきたものたちがこの時期、新しい詩と価値を得るのかもしれません。

石井ゆかり占星術引用



[PR]
by littlemoonlake | 2017-11-03 13:32 | 月のこと | Comments(0)

趣味のこと 日々のこと これからのこと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30