b0274050_19040056.jpg
1日、天秤座で新月が起こります。
すでに9/9に「天秤座木星」の時間がスタートしていますが、その頃はまだ水星が逆行していたこともあり、「スタートダッシュ!」という雰囲気はなかったかもしれません。
それがここへ来て、木星近くの新月、素晴らしい勢いに溢れる文句なしの「スタート」のタイミングが巡ってきた、というイメージが湧いてくるのです。
すでに過去1,2ヶ月の中で準備してきたことを、ここでぐんとアクセルを踏んでスタートラインを突破するような雰囲気があります。マラソンに喩えるなら、競技場から公道に出ていったようなイメージでしょうか。
天秤座も山羊座も、「社会」との結び付きの強い世界です。
自分の個人的な感情の世界に閉じこもることなく、たくさんの「他者」がいる場所にどーんと出て行って、人と関わり、結びついて、新しい世界を創り出そうとするのが天秤座・山羊座のしくみです。
b0274050_19093900.jpg
この時期、「内なる世界から、外界へ」というスタートを切る人も少なくないだろうと思います。これまで個々に内緒話をして進めてきたことを、公の場でテーブルに着き、真正面から議論し始めるような、「堂々たる」スタートの雰囲気が漂っています。

石井ゆかり占星術引用

[PR]
by littlemoonlake | 2016-09-30 19:05 | 月のこと | Comments(0)

44度目の窯だし

先日の窯だしは
干支ばかりでした。
b0274050_19215651.jpg
今回は少なかったのです。

でも、来月は大変!
教室の文化祭用の作品を来月窯入れないと間に合わない。

作品出さないと
先生から叱られるのです(笑)

で、
先月の窯だしで作った
ランプはこんな感じで灯りました。
b0274050_19272157.jpg


[PR]
by littlemoonlake | 2016-09-25 19:16 | 陶芸 | Comments(0)

b0274050_21170949.jpg
2015年から続いた「柔軟宮の時間」の最後の山場が、この魚座の月食です。
今回の月食は未明の反影月食で、肉眼ではほとんどわからない現象となりますが、星占い的にはとても大切なポイントとなります。
というのも、満月は「積み重ねてきたものがあるピークに達して、姿を変える」ようなタイミングだからです。
去年の後半から今に至る時間の中で少しずつでも一つの方向性を持って積み重ねてきたことが、ここで意外な花を咲かせ、面白い実をつける、ということが十分考えられるのです。
その変化は一見意外かもしれませんが、「積み重ね」の果てにあるものとして深く納得できるものでもあるはずです。
人は成長するものとわかっていながら、成長した姿を目の当たりにすると感動させられるように、このタイミングでも「わかっていたけれども実際に起こってみるとどうしても湧き起る、驚きを伴う感動」をえる人が少なくないかもしれません。
柔軟宮の時間のプロセスは、既存のシステムの解体のプロセスでした。
解体が一つのピークを迎えた今、すでにその裏側で、ゼロから1を生み出す建設のプロセスが静かに始まりつつあります。

石井ゆかり占星術引用

[PR]
by littlemoonlake | 2016-09-16 21:15 | 月のこと | Comments(0)

お墓参り

お墓から見えるのどかな景色
b0274050_13430866.jpg

家族が増える報告に行ってきました。

並んでお参りをしている頭の上を
大きな蝶々が舞って
林に帰って行きました。

ご先祖様が歓迎してくれてるような
うれしい気持ちになりました。




[PR]
by littlemoonlake | 2016-09-03 13:31 | その他 | Comments(0)

趣味のこと 日々のこと これからのこと
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30