「ほっ」と。キャンペーン

明日2016.06.20は満月です

b0274050_09525010.jpg
20日、射手座で満月が起こります。
5月22日も、射手座の満月でした。
通常、満月はその星座で年に1度起こるのですが、まれにこのように、2度起こることがあります。5月22日の満月と今回の満月が「2つで1セット」のようなイメージです。二段階に分けて「達成」を経験する人が多いかもしれません。
b0274050_09532936.jpg
満月直後、月は山羊座へ、太陽は蟹座へと移動していきます。満月ムードはそこでも保たれているのですが、川と海の境い目のように、淡水から海水へと変化するような「空気の変化」が、この日の前後に感じられるかもしれません。今回の満月では、水星と土星もオポジション、つまり「満月状態」です。シャープで骨っぽい議論が交わされているような、議論の中から新しい骨太な思想が生まれてくるような、あるいは、一つの世論や定説がそこに生まれ出てくるような感じもします。たくさんの言葉の中から、時代をまとめてゆくような考え方が出てくる、といったイメージがわく満月です。

石井ゆかり占星術引用

[PR]
by littlemoonlake | 2016-06-19 09:48 | 月のこと | Comments(0)

b0274050_21363868.jpg
5日、双子座で新月が起こります。
この新月は金星と重なる等
2016年の星の動きの「ハイライト」のような新月と言えるでしょう。
新月は「スタート」のタイミングですが、
非常に大きなミッションのスタート
これまでの均衡状態を一気に突き崩して
新しい状態を生み出すための初期状態を作る
といった節目のイメージをはらんでいます。

このタイミングでの「変化」は
二者択一を迫られていた状況で「二つとも選ぶことにしました!」と宣言する、といった、ある種の混乱にも似た変化となるかもしれません。
でも、それこそが柔軟宮の真骨頂です。
一本しか道がない
このまま行くしかない
といった不思議な思い込みを粉砕し
「もっとたくさんの可能性がある」
「もっと別次元の考え方がある」ことを教えてくれるのが、
柔軟宮という世界なのです。
「何も出来ていない、何も変わっていない」という思いを抱いている人は、この機会に、まわりをよく見てみて頂きたいのです。
小さな事でも、半年前、一年前とはけっこう変わっているのではないでしょうか。
肩に力を入れずにふと
始めたことが
結構続いているのではないでしょうか。
ずっと同じだ、と思った状況が、いつのまにか、大きく変化し始めていることが解ります。
既に起こりつつある変化の流れを
意識によって掴まえて
更に仕切り直して加速していく
そんな転換点となりそうです。
石井ゆかり占星術引用

[PR]
by littlemoonlake | 2016-06-04 21:35 | 月のこと | Comments(0)

趣味のこと 日々のこと これからのこと