「ほっ」と。キャンペーン

10度目の窯だし

b0274050_17531038.jpg

b0274050_17531724.jpg

b0274050_17535711.jpg

b0274050_17535417.jpg


今回はとても少ないです。
来月の酸化焼成で絵付けしたものを大量に窯入れします。
いろいろ作って
いろいろ試して

頑張るよ
[PR]
by littlemoonlake | 2013-07-28 18:03 | 陶芸 | Comments(0)

明日、23日は満月です

水瓶座は理念とフェアな感覚を重んじる星座。

いっぽう満月は物事の成就や完成をもたらしますから
この日は恋人とのフェアな関係や、
対等にものを言い合える人との恋の成就がもたらされる可能性は高いでしょう。
とはいえ
水瓶座の公平な感覚が、かえって恋に進展を遅らせることもあるはず。

たとえばみんなで集まっているとき
密かに思っている人に対しても
「ほかの人と同じように対応しなくては」という考えに縛られて
思うように気持ちを伝えられなかったりするでしょう。
水瓶座での満月は8月にもう一度訪れます。いわゆるブルームーン。

二度の満月の間、フェアな恋を育てるためのストーリーを思い描いておきましょう。

b0274050_20192937.jpg



23日、水瓶座で満月となります。水瓶座に移動して直後の満月であり
この日、パンチの効いた、「動き」の感じられる満月と言えそうです。
折しも21日、水星は順行に移りました。
水星は6月26日から逆行を続けていましたが、水星順行、
その2日後の満月と、1ヶ月程度の流れの「節目」がここで
びしっと際立った形で置かれていることになります。
これまで積もり積もったものが放出されるような
積み重なった矛盾を一気に解消するような、
そんなインパクトをともなう出来事が起こるかもしれません。
宣言、改革、前進、というイメージの強い満月です。

鏡リュウジ、石井ゆかり占星術引用
[PR]
by littlemoonlake | 2013-07-22 20:26 | 月のこと | Comments(0)

b0274050_19455100.jpg

8日、蟹座で新月が起こります。
水の星座は「感情」の世界であり、人と人を、共同体の中を結束させる
不思議な「心」の力を象徴しています。
家族に関すること、人の生活に関すること
日常の、およそ「俗っぽい」と感じられるような分野に
新しい光が射し込むタイミングと言えます。
普段社会的にはあまり重視されていない部分
「弱者」として切り捨てられている部分に、人々の注目が集まる時期です。
恋愛しかり、他の人間関係しかり、およそ「心」に関することは
善悪で切り離したり裁いたりすることが難しい分野です。
「行為」は裁けても「心」は裁けない、という点は
とても難しい所ですが、その難しさそのものを
俎上に載せようとする動きがスタートするのではないかと思います。
b0274050_19443411.jpg


蟹座は家族や近しい人たち、地域の繋がり、故郷を重視する星座。
いっぽう新月は物事の始まりをもたらしますから、
この日は本音をさらけだせる身内や、
ごく親しい人たちとの新しい交流がもたらされるかも。
恋愛ではお互いを見つめあい、情熱をかき立て合うような熱い時期を経て、
お互いを「身内」と感じるようになるきっかけがあるかもしれません。
あるいは初対面なのにずっと昔から知っていたような
親しみを感じる人との恋が始まるということも。
いずれにしてもささやかな「始まり」を自覚して育てていく...
そんな意識を持つことが大切。
日常のなかの小さな変化を見逃さない、
繊細な感受性を持つように心がけましょう。

石井ゆかり、鏡リュウジ占星術引用
[PR]
by littlemoonlake | 2013-07-07 19:51 | 月のこと | Comments(0)

b0274050_19134058.jpg

昨日は、戸畑へお出かけでした。
イベントの最終日、楽しい夜を過ごす事ができました。
b0274050_19102862.jpg

b0274050_19125193.jpg

ビールを飲んだり

8月11日に打ち上がる花火玉にメッセージを書いたり

素敵なキャンドルナイトをみんなと過ごす事ができて
ちょーハードな一日の疲れも吹っ飛びました。
[PR]
by littlemoonlake | 2013-07-07 19:42 | おでかけ | Comments(0)

趣味のこと 日々のこと これからのこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30